ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2021年10月05日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(薬学部担当)047-472-1226
(理学部担当)047-472-1823
(健康科学部担当)
         047-472-1824

就職活動体験記

F.Nさん / 食品・製造

F.Nさん

理学部生物分子科学科
2021年3月卒業

食品・製造
総合職
古谷乳業株式会社
就職活動をはじめた時期 3年生の5月
エントリーした会社の数 15~20社
説明会に参加した数 30社以上
OB・OG訪問の有無
インターンシップ参加の有無
内々定時期 7月
情報収集方法 就職サイト、合同説明会、会社HP、インターンシップなど

就職活動全般について

就活の軸は「人の健康に携わることができる仕事に就きたい」でした。
さらに、3年夏に参加した東邦枠の企業インターンシップを通して、「仕事をした成果」が「製品」として目に見える仕事に魅力を感じ、志望業界を製造業(医療機器・食品・化粧品)に絞りました。
 
3年生の3月から本格的に就職活動が始まったものの、新型コロナウイルス感染防止のための緊急事態宣言をうけ、4年生の4〜6月は多くの志望企業の選考が中止・延期となりました。
この就活中止期間に、就活サイトで新しく興味のある企業・さまざまな会社のHPを検索して自分なりの就活も続けました。このとき、インターンシップや合同説明会に参加した後に気になった企業や、関連したキーワードなどをまとめておいたノートが役に立ったと感じています。
 
自分で企業を探しているなかで、「古谷乳業株式会社」と出会うことができました。
就活サイトを介さない直接応募だったため、最初に新卒募集があるかの質問メールを送りました。応募ボタンを押すだけではないので面倒のようにも感じるかもしれませんが、返信メールの文章が画一的でなく、会社の雰囲気を感じることができたり、会社のホームページに載っている以上の情報を得ることができたりしました。
 
 また、公務員を目指して、3年の夏に公務員夏季インターンシップに参加し、3年秋に予備校に通い始めました(以前は独学で勉強を行っていました)。私は筆記試験のみの受験でしたが、家族や研究室の先生方の理解・協力で企業の就活と公務員試験の両立ができました。
 
先の見えない不安な就職活動のなか、的確なアドバイスやあたたかい声をかけてくださったキャリアセンターの皆様、親身になって相談に乗ってくださった研究室の先生方、応援してくれた家族の支えで就職活動をのりこえることができました。
 

後輩に向けて

現在、研修期間を終え、品質保証室という部署への配属が決まりました。
はじめて学ぶことや覚えることが山積みで、毎日が目まぐるしくも、充実しています。
「この会社で自分はやっていけるだろうか」と、就活中も、内定承諾後も頭の片隅にずっと不安がありました。皆さんの中にもそんな不安がある方もいらっしゃるかもしれません。
不安なとき、悩んだとき、困ったときはキャリアセンター、友達、家族…色々な方に相談してみてください。私は相談することで自分の考えが整理できた時もありました。
不安なことばかりかと思いますが、皆様の就職活動、応援しています。頑張ってください。