ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2021年10月05日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(薬学部担当)047-472-1226
(理学部担当)047-472-1823
(健康科学部担当)
         047-472-1824

就職活動体験記

K.Iさん / 鉄道業界

K.Iさん

理学部物理学科
2020年3月卒業

運輸 鉄道業界
プロフェッショナル職(技術職)

東海旅客鉄道株式会社(JR東海) 内定
就職活動をはじめた時期 3年生の11月
エントリーした会社の数 20社
説明会に参加した数 15社
OB・OG訪問の有無 あり
インターンシップ参加の有無 なし
内々定時期 4月下旬
情報収集の方法 キャリアセンター、リクナビ、マイナビ、就職四季報、業界地図、みん就、就活エージェント

私は幼いころから続けてきたサッカーを大学に入っても続けていたので、3年生の11月で部活を引退した後に就職活動へ本腰を入れました。その影響もあり、スポーツ用品の設計や開発に携わりたいと考えていたため、何かしらスポーツに関わる仕事を探していました。

 

自分自身でホームページを通じて、実際に働いている社員の方や現場の声を聞いたりしましたが、そこで初めて自分がいかに現実を見ていなかったか、自分の将来について本気で考えてこなかったかを思い知らされました。

 

そこから本気で自分は将来どうなりたいのか?いったい自分が何を大切にしてきて、どのように生きていきたいのかを必死になって考えました。

 

考えに考え抜いた結果、今まで自分よりも能力の高い人たちの中で、必死になって追いつこうとして成長してきたこと、より多くの人に大きな影響を与えることに喜びを見出してきたのではないのかと感じました。

 

その時点で3年生の12月の末でしたが、業界にとらわれることなく視野を広げて業界研究を行い、大学のOBOGの方にお話を聞く、自己PRをキャリアセンターで添削してもらう、自分で対策本を購入するなどをして選考に臨みました。

 

結果的に4社から内定をいただきましたが、一番僕自身を評価していただいた東海旅客鉄道株式会社に入社することに決めました。

 

 内定をいただけた理由としては、その時々で目の前のことに全力で取り組んできたことを評価していただいたからだと思います。私はその学生時代の多くの時間をサッカーに費やしてきましたが、そこで感じたこと、経験したこと、自分なりに工夫してきたことは面接において自信をもってやってきたと言えることができましたし、これからの人生においても必ず役に立つと信じています。

<後輩に向けて>

 就職活動においてはどれだけ行動できるか、どれだけ人に話を聞いて自分自身で考えられるかが重要だと思います。就職活動に正解はありませんが、困ったら勇気をもって周りに相談してみれば、必ず助けてくれるはずです。そして、自身の将来を決めることに必要なのは、何よりも自分がどんな人間なのかを知ることです。その為に、いま目の前にあることについて全力で打ち込んでみたり、行動してみてください。きっとそこに本当の自分がいるはずです。頑張ってください。