ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2021年10月05日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(薬学部担当)047-472-1226
(理学部担当)047-472-1823
(健康科学部担当)
         047-472-1824

就職活動体験記

S.Yさん / 金融


S.Yさん

理学部情報科学科
2018年3月卒業 見込み

金融
総合職

株式会社栃木銀行 内定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の3月頃
エントリーした会社の数 約10社
説明会に参加した数 約2社
OB・OG訪問の有無 なし
インターンシップ参加の有無 なし
内々定時期 6月下旬
情報収集の方法 マイナビ、リクナビ、キャリタス



  大学入学時から、将来は学校の先生になりたいと考えていて、教職課程に所属していました。しかし3年生になってから少しずつ一般企業にも目を向けるようになり、自分でいろいろ調べていくうちに金融業界にたどり着きました。大学卒業後は地元に帰る予定でいたので、地元の金融機関を第一志望に考えるようになりました。

 

 3年生の3月から本格的に就職活動に取り組みました。就活サイトでエントリーをしつつ、キャリア相談を利用しながら自己PR、エントリーシートの作成をおこないました。

 

 面接はそれほど緊張するタイプではないのであまり不安はありませんでした。特に栃木銀行の面接では、自分の良さを最大限引き出してくれるような面接官とめぐり合い、とてもよい雰囲気で面接をおこなうことができました。特に私が部長を務めていた「野鳥の会」についてとても興味を持ってくださり、そもそも何をするサークルなのかという話から実際の部長としての活動内容まで、熱心に聞いてくださいました。適切な表現か分かりませんが、面接官の方と意気投合したという感覚があり、まだ選考途中の段階で「ぜひうちに来てほしい」という言葉までいただきました。

 

 自分の就職活動を振り返って、志望業界はもう少し早めに決めておくべきだったなと思います。業界によっては入社までに資格取得が必要なところがあり、その業界が第一志望なのであれば、内定獲得前から資格の勉強を始められます。現在私は、会員外務員二種の資格を在学中に取得すべく勉強中です。

 

 またこれは面接対策と言ってもいいと思いますが、普段から大人と話をする機会をつくっておくべきだと思います。私は大学1年生からサークル活動の傍ら、テニススクールでのコーチのアルバイトを続けていて、そこでずっと年配者のクラスを担当していました。また立ち飲み居酒屋でのアルバイトもしていて、カウンターに立ちながら年配のお客さんとコミュニケーションを取っていました。これらの経験が、面接時に臆することなく対応できた要因のひとつだと思っています。