データマネジメント業務ガイダンス

11月29日(水)に、データマネジメントガイダンスを開催しました。

大学生へのDM(データマネジメント)業務の紹介と啓蒙を目的として、臨床評価研究会 データマネジメント分科会より、3名の講師の方にお越し頂きました。
・藤倉 剛志様(ノボ・ノルディスクファーマ株式会社)
・河村 浩一様(株式会社中外臨床研究センター)
・渋澤 絵美様(日本たばこ産業株式会社)
ガイダンスでは、
「医薬品開発におけるデータマネジメント業務とはどういうもの?」
「データマネジメントには、どういう人が向いているの?」
「データマネジメントを目指すには、どういうスキルが求められているの?」

などの様々な疑問に対して、講師の先生方に、一つ一つ丁寧にたっぷり時間をとって答えていただきました。

 


また、実際に、症例報告書を用いたケーススタディも行い、学生の皆さんに、データマネジメント業務の一端を知らせる切っ掛けづくりも行っていただきました。

参加した本学学生にとっては大変有意義な機会だったと思います。

講師の先生方、どうも有り難うございました。

来年も、またぜひ、宜しくお願いいたします。
 

投稿日:2012年11月29日00時02分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: 共通イベント


前の記事次の記事