キャリアラウンジ~株式会社コクミン~


9月14日(金)、キャリアラウンジに株式会社コクミンの小幡雅美様がお越しくださいました。
キャリアラウンジには5回目のご参加です。

今回は小幡様に、学生時代の過ごし方や就職活動についてお聞きしてみました。

 


Q . どんな学生時代をお過ごしでしたか?


「大学生の頃は、学校では研究に、学外ではアルバイトに打ち込んでいました。
特にアルバイトにおいては、調査会社、スーパーの試食販売、税理士事務所等、4年間(当時の薬学部は4年制です)でバラエティに富んだ経験ができました。
こうした学外の活動では多種多様な年齢層の人と話す機会が多く、今振り返ると自分の成長に大きく貢献したと感じています。」


Q . 現在就職活動中の学生に対して、アドバイスがあればお願いします。



「就職活動に際しては、『自分にはこの道しかない』と決め付け過ぎないようにしてほしいです。
自分の「枠」を決めるのではなく、自分の「核」を決めて枝葉を広げていきましょう。
また、就職はゴールではなく、あくまでも通過点であることを念頭においてください。
就職よりもっと先を見据え、自分はどういう人間になりたいのか、どういう仕事がしたいのかという未来の目標を定めて、今するべきことを考えてみましょう。」

 

Q . お仕事をするうえで、大切にしていることを教えて下さい。



「仕事には、チームで取り組むものが多くあります。
ですから、常に誰かにバトンタッチできるような仕事の仕方を心がけています。『自分がいないと仕事が回らない』ことにならないよう、後任を育てるのも大切な仕事です。
もちろん『自分がいなくても問題無い』という状態には不安もあります。しかし、自分の居場所を停滞させて可能性を狭めるよりも、自分を信じて次へ進んでいきたいと思っています。」 

 

株式会社コクミンで働く、小幡様のインタビューでした。
本日はお忙しい中ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

by.y

投稿日:2012年09月14日00時01分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: TOHOアライアンス(キャリアラウンジ)


前の記事次の記事