薬学部 卒業生進路ガイダンス(企業・公務員)


11月17日(土)、薬学部C館303教室にて、薬学部 卒業生進路ガイダンス「企業・公務員」が開催されました。
 
 


本学薬学部、薬学研究科のOB・OGの方々が来校し、在校生に向けて現在の仕事について話てくれるイベントです。
今回は民間企業と公務員に就職した先輩がお越しくださいました。
 

 
 


2007年薬学研究科修了(生化学教室)の辻紀子さんです。
現在は千葉県の薬務課で働いています。
県民からは「できて当たり前」として扱われ、めったに感謝の言葉はもらえないのが公務員の仕事。それでも県民の生活のために志を高く持ち続けることが、公務員に必要な心構えだとおっしゃっていました。
 

 
 


2002年薬学部卒業(薬物学)の寺澤明彦さんです。
現在は船橋市保健所衛生指導課で働いています。
薬剤師としての資格を持ちながら、他業種のいろいろな人たちと関わっていきたい、という思いで公務員を仕事に選んだといいます。


1994年薬学部卒業(分析学)の山越基晴さんです。
現在は埼玉県保険医療部薬務課で働いています。
公務員の就職活動、筆記試験や面接について、入職後の異動など、学生の気になるポイントを説明してくれました。


2009年薬学部卒業(生化学)の寺西裕子さんです。
現在はアステラス製薬株式会社 営業本部東京支店武蔵野第二営業所でMRとして働いています。
MRとしての一日のスケジュール、必要とされるスキルなどを、たくさんの写真とともに紹介してくれました。忙しいけれど、その分やり甲斐も大きいとおっしゃっていました。


2002年薬学研究科修了(薬物学)の今井利安さんです。
現在は日本ケミファ株式会社創薬研究所で研究職として働いています。
今井さんはご自身の学生時代のお話、研究職の現実を、ユーモアたっぷりに話してくださいました。
今井さんのプレゼンは、研究職を志す学生にとって必見ですよ!


1986年薬学部卒業(薬化学)の三嶽秋久さんです。
現在はシミック株式会社 執行役員 CROカンパニーBD本部 本部長を務めておられます。
シミック株式会社の紹介と共に、CROという仕事の魅力について話してくださいました。
CROを志望する学生との意見交換も行われました。

卒業生の皆さん、本日はありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。
※キャリアセンターにて、本ガイダンスの録画DVDを貸し出し中です。


投稿日:2012年11月17日00時00分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: 薬学部イベント


前の記事次の記事