化学セミナー・キャリア教育Ⅰ

5月23日(水)、理学部3号館205号室にて、『化学セミナー・キャリア教育Ⅰ』が行われました。

講師はキャリアカウンセラーの植本洋雄先生です。
植本先生は、損害保険会社の商品企画、営業、人事を経て、現在は東邦大学のキャリアカウンセラーとして務めています。

まずはじめに、保険会社の経験から、保険の種類や保険に関する雑学が紹介されました。

貨物保険の起源、保険会社の元になったロンドンのコーヒー店、火災保険会社の消防隊などなど、皆さんはいくつ御存知でしょうか。

今年で62歳の植本先生ですが、自分の大学時代を振り返って就職活動についても話してくれました。
その中の強いメッセージが、「偶然」の大切さです。
キャリアガイダンスの理論「プランドハプンスタンス」(キャリアは、偶然や予期せぬ出来事に対して最善の対応を積み重ねることで形成される)を用いて、さまざまな偶然に備えることの重要性を伝えていました。



今回の講義に参加した化学科1年生の皆さん、
学業も、学業以外にも、積極的に取り組んで、大切な「偶然」に備えましょう!

by.y
 

投稿日:2012年05月23日00時01分| 投稿者: 管理者| カテゴリ: 理学部イベント


前の記事次の記事