ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年07月04日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

Y.Hさん / 情報通信


Y.Hさん

理学部物理学科
2017年3月卒業見込み

情報通信
総合職

KDDI株式会社 内定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の11月頃
エントリーした会社の数 30社
説明会に参加した数 20社
OB・OG訪問の有無 無し
インターンシップ参加の有無 有り
内々定時期 6月上旬
情報収集の方法 リクナビ、みん就、キャリアセンター

 

■部活動引退と同時に就活に切り替え

 大学入学後、部活動はサッカー部に所属し3年生の秋まで活動してきました。2年生の秋からは部長として約30名の部員をまとめる役割を担いました。

 

 3年生の秋に部活動を引退、それと同時に就職活動に本腰を入れて取り組みました。まず、ひとつ上の先輩が運営に携わっていた、学外セミナーに参加しました。今から何をしなければならないのか、先輩や社会人の方が講義をしてくれました。他大学の学生も参加していて、とても刺激を受けました。

 

■試験対策

 まずエントリーシート作成にあたり、キャリアセンターの就活ステップアップ講座で出された自己PR作文の課題を提出し添削を受けました。実際にエントリーシートを作成した際、キャリア相談でカウンセラーの先生に直してもらったり、提出まで時間がないときにはキャリアセンターのスタッフの方に添削をしてもらったりして仕上げました。

 筆記試験対策としては、キャリアセンターで参考書を借りてみて、そのあと自ら購入して取り組みました。また大手ナビサイトにある模擬試験などのサービスを5月頃まで使いました。

 面接は就活ステップアップ講座やキャリア相談をフル活用して練習を重ねました。自分自身緊張しやすいタイプであると認識していましたが、本番ではなるべく自然体を心がけました。面接の回数を重ねるうちに少しずつ自然体で話せるようになりました。

 

 

■後輩へ

 在学中に何か自分に自信が持てるような経験をしておくことが大切だと思います。それが自己PRを考えるうえで核となります。私にとってそれはサッカー部の部長という経験で、その経験を通して自分自身が成長したということを自信を持ってアピールすることができたと思います。

 最後に、何事も準備が大切だと思います。私自身、何か目的のために、今できることを常に考えて行動に移すということを心がけてきました。後輩の皆さんも早めの準備で、納得できる就職活動ができるよう祈っています。