ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年07月04日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

Y.Sさん / 医療業界(調剤薬局薬剤師)


Y.Sさん

薬学部薬学科
2015年3月卒業見込み

医療業界
調剤薬局薬剤師

クオール株式会社 内定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の夏
エントリーした会社の数 11社
説明会や選考に参加した数 7社
OB・OG訪問の有無 無し
インターンシップ参加の有無 有り
内々定時期 6年制の4月中旬
情報収集の方法 キャリアセンター、マイナビ、リクナビ

きっかけは、恩師の言葉


低学年の頃、担任の先生に「就職を早めに意識し、インターンシップに行ったほうがよい」、「薬剤師も社会の情勢を知り、他から求められる薬剤師になる必要がある」と教えていただきました。
私は入学前から調剤薬局に就職を志望していましたが、実際にはどのような業務内容なのか知りませんでした。現場を知るため、薬剤師になるためのモチベーションを上げるために、インターンシップに参加してみようと思いました。
初めて参加したのは大学3年の夏でした。その時にはまだ自己分析のやり方、ビジネスマナーや履歴書の書き方など分からないことがたくさんあったため、キャリアセンターが毎年5月頃から開催している「インターンシップ事前講義」に参加しました。実際にインターンシップに参加し、様々な規模・業態の調剤薬局があることを知り、今まで漠然としていた就活をはっきりと意識し興味が出てきました。
 

低学年から始めていた就職活動

キャリアセンターが主催するインターンシップ事前講義に参加し、自己分析のやり方を教えていただきましたが、具体的なエピソードを交えた文章を書くとなると上手く書けませんでした。エントリーシートは限られた文字数で自分のことを最大限にアピールする必要があるため、まずは自己PRの文章を4つほど書き、キャリアセンターのキャリア相談で添削及び自分に最も適したものはどれか選ぶのを手伝っていただきました。

大学3~5年の夏、調剤薬局4社のインターンシップに参加し、自分に適した企業はどのような企業なのか、自分はどんな薬剤師になりたいのかを知るために実際に薬局で働く薬剤師の方や人事の方とお話しました。また、キャリアセンターで開催しているOBOG就職懇親会に参加し、薬剤師として働いている東邦大学出身の先輩方のお話を伺うことで、調剤薬局だけではない他の企業や病院についても業界研究することができました。

本格的な就職活動

・説明会

就職活動解禁前には学内の説明会に多く参加し、就活解禁後は主に合同説明会に参加しました。また、1~3月上旬には個別説明会に参加しました。私が重要視していること(教育研修制度や配属店舗、平均勤続年数)について特によく聞くようにし、出来る限り人事の方や先輩社員と直接お話するようにしました。

 

・面接対策

恩師に「薬剤師も社会の情勢を知っておく必要がある」と教えていただいてから、毎日ネットニュースや新聞に目を通すようにしていました。また、実務実習中に話題に出たものについてはその都度調べるようにしていました。面接のときには時事問題(調剤報酬の改定について、薬事法改正について)を質問され、自分なりの考えも交えてお話できたので、今までやってきたことは無駄ではなかったと思いました。

3月下旬から面接を受け始めましたが、その直前にキャリア相談を利用し、面接対策を行いました。キャリア相談では面接時の入室マナーから受け答え、自分の無意識のうちに出る癖まで教えていただき、面接本番時には気をつけて取り組むことができました。

 

・就職先を決める手段

複数の薬局から内定を頂き、どこに内定承諾書を提出しようか迷った際にもキャリア相談の時間を利用し、自分で後悔の残らない選択をするためのアドバイスをいただきました。

実際に就職試験を受ける調剤薬局を決めてからは、患者としてあるいは一般用医薬品を購入する消費者としてその調剤薬局に行き、来局者から見る薬局の雰囲気や薬剤師の方の対応を実際に自分で感じることも重要視しました。企業説明会や働いている方のお話で分かること(入社後のキャリアパスや教育制度など)も多くありますが、ときには違う視点で物事をみるのも大切かと思います。これはなかなか他の業種(病院、製薬企業、公務員など)ではできないことかと思います。

どこに就職するにしても、自分がやりたいことを早めに決めておくことは大切だと思います。私は以前から予防医療(セルフメディケーション)に興味があり、患者さまの健康に関すること全てについて相談にのれるような薬剤師になりたいと思っていました。やりたいことや学びたいことを早めに明らかにしておけば、自己分析や志望動機にも繋がりエントリーシートや面接の際にも困ることはないと思います。

大学時代の過ごし方

大学では臨床薬学研究室に所属し、「一般用医薬品のインターネット販売-薬剤師のあり方-」というテーマで卒業研究を行い、日本薬剤師会学術大会、日本社会薬学会にてポスター発表を行いました。

先生のお話を伺ったり、キャリアセンターのイベントに積極的に参加したりして、低学年のうちは広く、学年が上がるに従ってある程度絞って就職活動ができたと思います。6年制薬学部に所属しているとどうしても就職活動に取りかかる時期が遅くなってしまいがちですが、4年制大学に進学した友人や社会人の友人とも連絡を取り、就職に関する意識を持ち続けました。

後輩へのアドバイス

先輩、友人、自分の実習先の薬剤師の先生方など、出来るだけ様々な人とお話すると良いと思います。また、インターンシップやキャリアセンターのイベントも数多く開催されているため、早くから参加してまずは就活に対する意識を高めていくこともお勧めします。

実習・勉強・卒業研究・就活を両立するために体調管理を怠らないこと。就職活動を通じて、自己分析や志望動機などは日々の積み重ねなので早めに就活を意識し、日々社会で何が起こっているかニュースなどを通して知ること。何からやっていいのか分からない時や就職活動に悩んだ時にはキャリアセンターの優しい先生方が様々なアドバイスをくださったので、低学年のうちからキャリアセンターに行ってみてください。

実際に就職活動を始めてからは同じように就活で悩み、迷っている仲間が周りにたくさんいるため、情報を共有したり励ましあったりして乗り越えました。皆さんも仲間と一緒に乗り越えてください!