ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年10月10日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

M.Nさん / 公務員(行政・薬剤B)


M.Nさん

薬学部薬学科
2015年3月卒業見込み

公務員
行政職

東京都庁 行政(薬剤B) 内定
 
就職活動をはじめた時期 5年生の7月頃
OB・OG訪問の有無 有り
インターンシップ参加の有無 無し
情報収集の方法 各自治体のホームページ

きっかけは3年生のとき


3年生の時に、ケシの見学のため東京都薬用植物園を訪れた際、東京都の職員の方から危険ドラッグ(当時は脱法ドラッグ)問題について説明を受けました。東京都では国に先駆けて条例を制定するなど、国を動かす原動力となっており、そこに魅力を感じ、私も東京都の職員になり都民の健康と安全を守りたいと思い志望しました。とはいっても明確に公務員を志望しようと決めたのは5年生になって実習が始まってからです。
公務員試験は、複数の自治体を受験することができるのでチャンスは多いですが、その分長期にわたってモチベーションを保ち続けなければならない試験だと思います。また、薬剤師の枠は採用人数が少ないということも頭に入れて、落ちてもすぐに気持ちを切り替えることができるようにしておくことも大事だと思います。

公務員試験の筆記対策について

公務員試験の勉強を始めたのは5年生の7月頃で、教養試験(数的処理、資料解釈)の勉強から始めました。公務員試験の対策本を購入しました。知識分野に関しては、高校生のときに使用していた教科書を見直したり、穴埋めの問題集をやったりしました。また、8月と3月に行われるキャリアセンター主催の公務員試験対策講座も利用しました。

教養試験に関しては、東京都の場合だけですが、足切りにしか使用されず高得点を取る必要はないので、過去問を見てどの部分が自分に足りないか判断し効率よく勉強していくと良いと思います。出題範囲がとても広いので、時には捨てる潔さも必要だと思います(一つの分野をまるまる捨ててはいけません)。

また、時事問題に関しては時事問題の対策本がありますが、それだけでは足りない部分があるので、私は図書館で新聞を読むようにしていました。勉強の息抜きにもなると思います。

専門試験は、過去問を見て重要そうだと思われるところを重点的に勉強していきました。

論文試験の対策は、過去問や問題を予想して実際に書いて練習しておいた方がいいと思います。

実習があるため、毎日何時間も勉強することはできず、集中して勉強できたのは直前の2,3か月程度だと思います。私に集中力があまり無いせいでもあると思いますが、勉強時間がたくさんは確保できないので、効率よくやっていかなければなりません。また、実習でやったことが専門試験で出題される可能性もあるので、実習も全力で取り組んでください。

 

公務員の求人情報や説明会について

公務員の募集要綱は、各自治体のHPでも手に入れることができます。インターネットで受験申し込みができますが、期間が短い自治体もあるので、申込み忘れには気を付けてください。

 

8月にインターンシップを行う自治体は多いです。私は参加できませんでしたが、それ以降もイベントやセミナーがあるので、積極的に参加し、情報を集めることをおすすめします。

公務員の薬剤師の情報は、なかなかインターネットなどでは細かいところまでは得られませんが、キャリアセンターのイベントに参加して、OB・OGの方から有益な情報を得ることができました。

また、一次試験の合格発表後にOG訪問をし、施設内の見学と、面接試験についてお話を聞きました。

実際の選考について

一次試験は筆記試験です。試験本番では、緊張して焦ってしまいました。きちんと問題を解く順番、時間配分を決めておき、落ち着いて試験に臨めるようにしておくことが大事だと試験中に思いました。東京都の試験は専門試験も記述なのでとにかくたくさん書くため、手が痛くなりますが、最後まであきらめずに問題を解いてください。

二次試験は面接試験ですが、これが卒業研究発表の直前にあり、卒業研究と面接対策、また学校の勉強など複数のことを同時に行わなければならず、この時期はかなりつらかったです。面接の対策を一次試験の合格がわかってから始めたので、3週間ほどしかなくあせりました。一次試験の勉強の息抜きとして軽くでもいいので、早いうちから自己分析などの面接対策を始めた方がいいと思います。面接対策では、キャリアセンターの先生方に大変お世話になりました。面接では、何かしらのエピソードを話さなければなりませんが、それぞれみんな、しぼり出せば何かしらあるそうなので、いろいろこれまでやってきたことを忘れないようにしておくと良いと思います。公務員の場合だけではないとは思いますが、みんなで協力して何かを成し遂げたエピソードがあるといいそうです。

 

就職活動を振り返って

私は公務員になりたいというよりは、東京都の職員になりたいと思っており、第一志望は決まっていたのでいいですが、受験先ごとに試験対策の方法が若干変わってくるので早めに第一志望は決めておいた方がいいと思います。

また、体調管理は非常に重要です。私は、東京都の試験が5月のはじめにあるというのに3月に知歯の抜歯をして2週間ほど痛くて何もできなかったり、4月の終わりには風邪をひいて国家総合職の試験を受験することができなかったりと結構散々でした。

誰かに手助けをしてもらうことはできますが、最終的には自分自身が決意し、意志を貫かなくてはなりません。とにかくあきらめないことが大事です。

明確な目標があるとその目標の達成に向けて日々、努力していくことができると思います。様々な方面にアンテナを張って、たくさんの情報を吸収し吟味して、後悔のない選択をし、行動していってください。

最後なりましたが、私の就職活動を支えてくださったキャリアセンターの皆様、先生、先輩方、友人、家族に感謝いたします。