ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年10月10日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

T.Mさん / 機械・電気・精密機器業界


T.Mさん

理学部物理学科
2015年3月卒業見込み

機械・電気・精密機器業界
技術職

オリジン電気株式会社 内々定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の12月
エントリーした会社の数 100社
説明会に参加した数 20社
OB・OG訪問の有無 無し
インターンシップ参加の有無 無し
内々定時期 5月中旬
情報収集の方法 リクナビ



■就職活動をはじめたきっかけ(学内企業合同説明会について)
 私が本格的に就職活動をはじめたと言えるのは、3年生の12月に行われた学内企業合同説明会からです。
 どんな企業が来るのか、どうやって企業を回ればいいのか、企業の方に何を聞けばいいのか……等など、不安はたくさんあると思いますが、後輩の皆さんにも、まずは参加することをオススメします。
 
 私自身、合同説明会参加時には志望業界も絞りきれておらず、友人と意見交換をしたり、両親の意見も参考にしながら色々な企業を周りました。(そんな中で出会ったのが、内々定先のオリジン電気株式会社です。)
 
 
 参考までに、学内企業合同説明会に参加する上で、私が行った準備をお話しします。
 
 ・パンフレットに目を通し、企業に目星をつけておく。
  キャリアセンターでは、学内企業合同説明会の参加企業をまとめたパンフレットを
 配布しています。学内企業合同説明会に参加する前に、必ずこのパンフレットに目を通
 し、どの企業の話を聞くか、決めてから参加していました。


 ・目星をつけた企業について、ある程度下調べしておく。
  目星をつけた企業に関して、前述のパンフレットで概要を掴んでおくと共に、該当企業のホームページにもアクセスし、簡単に目を通すようにしました。下調べをしておくことで、会社についてより詳しく聞きたい部分や不明な部分がはっきりするので、説明会のときに質問することができます。



■就職活動対策について(自己分析、履歴書、面接対策等)
 就職活動における個々の対策は、友人との練習や、書籍、インターネットによる情報収集をメインに行いました。
 特に友人の存在は大きく、お互いの自己分析シートを見せ合ったり、交互に面接練習を行ったりしました。
 また、私は文章を書くのが苦手だったため、インターネットを利用して様々なエントリーシートの例文を読みながら、自分なりの言葉で文章を書く練習をしました。たくさんの良い例をお手本とすることが、分かりやすい文章を書くための近道になると思います。



■キャリアセンター 進路ガイダンスの上手な活用法
 就職活動をはじめる時期は人それぞれですが、うまくモチベーションをあげていくためにオススメするのはキャリアセンター主催の進路ガイダンスへの参加です。
 5月、9月、11月、といった就職活動準備期間の節目の時期に開催される進路ガイダンスでは、これからの就活スケジュールや、今するべき準備等を、分かりやすく説明してくれます。これらのガイダンスへの定期的な参加が、就職活動のスタートをうまく切ることに繋がると思います。
 私も、11月末の第3回進路ガイダンスに出席したことで、モチベーションを高く保ったまま学内企業合同説明会に参加することができました。



 ■後輩へのメッセージ~理系の大学での過ごし方について~
 就職活動を通して、大学での授業、特に「実験と考察」の経験が役に立ったと感じています。授業で得た知識が直接的に役立つことは少ないですが、考察を通して身につけた論理的思考力は、文章作成、筆記試験、そして面接での受け答えに、必ず活きてきます。後輩の皆さんには、サークル活動やアルバイトを満喫するとともに、ぜひ学校での授業を大切にしてほしいと思います。