ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年07月04日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

R.Kさん / 情報業界


R.Kさん 


理学部情報科学科
2014年3月卒業見込み

情報業界
システムエンジニア

TDCソフトウェア・エンジニアリング株式会社 内定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の5月
エントリーした会社の数 100社
説明会に参加した数 20社
選考に進んだ会社の数 10社
OB・OG訪問の有無 無し
インターンシップ参加の有無 有り
内々定時期 3年生の3月
情報収集の方法 リクナビ、エンジャパン

大学選びから就活開始まで


私はITに関して学んでおけばどこかしら就職できるだろう、という漠然とした考えで情報科学科に入学しましたが、結局のところ就職を意識しはじめたのは3年生の5月頃からでした。
まずはじめに、キャリアセンターが5月から開催しているインターンシップ対策講座に参加しました。
そして、SEという仕事について知るために、東邦枠のインターンシップにも行きました。
インターンシップでは、学内の授業と違って他大学の学生との共同作業が経験でき、また企業の中の雰囲気を直に感じることができます。インターンシップの経験は、就活本番の面接試験の話題にもなるので、後輩の皆さんにも参加をオススメします。

キャリアセンターの使い方


私がキャリアセンターを使い始めたきっかけは、友人からの勧めでした。
3年生の5月頃、同じ学科の友人がキャリアセンターでキャリア相談を利用したと聞いて、自分も使ってみようと思いました。それまでキャリアセンターとは一切馴染みが無かったので、はじめは緊張しました。しかし、カウンセラーの先生はとても親切で、就活について何も分からない私の疑問や不安を親身になって聞いてくださり、それ以降は気軽にキャリアセンターに立ち寄れるようになりました。
キャリアセンターに行けば、就活の基本的な流れのレクチャー、履歴書の添削、面接の練習・・・などなど、就活に関するあらゆる相談に乗ってもらえます。就活をする学生は、キャリアセンターを使わない手はありませんよ!

企業の選び方


就職活動中はたくさんの企業が目に入ってくるので、志望企業の絞り込みが大切になります。
私が企業を選ぶときの基準にしたことは、以下の2点です。
1.東邦大学の学内企業説明会に参加している企業
2.東邦大学の卒業生が働いている企業(採用実績がある企業)
東邦大学の合同説明会に参加する=東邦大学の学生を採用したいと考えている、ということです。同じ理由で、東邦大学の卒業生が就職している企業(採用実績のある企業)も、採用してくれる可能性が高くなります。
自分の好みやイメージで企業を選ぶのではなく、上記のような客観的な判断基準を敷くことも考慮してみましょう。

面接対策とPRしたエピソード


私が面接の際に心がけていたのは、丸暗記をせず、自然な会話をすることです。
丸暗記で面接に臨んだ場合、一度文章が思い出せなくなると、そこで話が止まってしまいます。
面接前の準備では、頭の中での想定問答にとどめておき、面接本番では相手の質問に合わせて柔軟に対応していきましょう。
また面接でPRするエピソードは、自分が本当に自信をもって語れる題材にするべきです。
私は小学校4年生から10年以上続けている野球の話をしていました。
野球に関しては何を質問されても答えられる自信がありました。
どんなに鋭い質問で突っ込まれても、確実に答えられる、というテーマを見つけましょう。そのためにも、学生時代には何かひとつ、一所懸命に取り組んでおくべきです。

後輩へのメッセージ~就活は気楽に~


これから就活をする人に伝えたいことは、「就職活動は気楽にしよう」ということです。
スケジュールを詰め込むのではなく、余裕をもてるようにしてください。
友人と会う時間もつくって、息抜きはしっかりしましょう。
就職活動の選考は落ちるものです。落ちるのは当たり前なので、落ちた数は気にしないでください。活動を続けてさえいれば、縁のある会社に出会える日が必ず来ます!