ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年10月10日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

Y.Dさん / 化学系総合商社


Y.Dさん 


理学部化学科
2013年3月卒業

化学系総合商社(一般職)

豊通ケミプラス株式会社 内定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の12月
エントリーした会社の数 120社
説明会に参加した数 35社
選考に進んだ会社の数 25社
OB・OG訪問の有無 有り
インターンシップ参加の有無 有り
内々定時期 4年生の5月上旬
情報収集の方法 リクナビ、マイナビ

就活中のモチベーションの保ち方

私は、社会に出て働く!という意志と同時に、就活を通して成長しよう!そして楽しもう!という意識を常にもっていました。これがモチベーションを高く保つ秘訣であるように感じます。
私はずっと千葉県に住んでいて、東京都内に出ていくことがめったにありませんでした。そのため、就活中は東京に出る度に美味しいお店を見つけたり、ショッピングをしたりと、色々な楽しみを味わうことを心がけていました。
また、毎週一回、就活をしない日をつくるようにしました。その日はエントリーシートも書かないし、説明会にも行きません。オンとオフをはっきり切り替えて、メリハリのついた就職活動を送ることができたと思います。
それから「開き直り」も大切です。面接は人と人のやり取りなので、自分ではうまくいったと思っても、落ちてしまうことがあります。そんなときはあまり深く落ち込まず、今回は気持ちが伝わらなかったな、想いに気づいてもらえなかったな、でも仕方ない! と開き直って次に向かうことも必要だと思います。

具体的な対策やキャリアセンターの使い方

私は2年生の頃からキャリアセンターに通っていました。これは、平均より早いかもしれません。当初は大学院に進学することも考えていたので、キャリア相談に入って、自分の進路について考えていました。
就職活動をはじめてからもキャリアセンターにはお世話になりました。キャリア相談では、就活とはどのような流れなのか、企業研究はどのようにすればいいのか、エントリーシートとは何なのか等、基本的なことから丁寧に教わりました。またESの添削や面接の対策講座、OB・OG訪問の紹介等も積極的に活用しました。

会社を選ぶ決め手は「人」

私は昔から化学が好きでした。就職活動でも、化学に関わるという点から、食品、商社、香料会社などに業界を絞っていきました。
そんな中で、会社を選ぶ最終的な決め手になったのは、「人」です。自分の今までの学生生活を振り返ってみると、いつも素敵な人に出会ってきました。そのため就職においても、会社は「人」で選ぼうという気持ちがあったのです。
内定先の株式会社豊通ケミプラスはリクルーター制度を採用しており、選考の過程で会社の雰囲気を知ることができました。何度も会社の人と話す機会があったため、この会社が自分に合っていて、元気をもらえる社風であることが分かったのです。
会社を選ぶときは、会社の人と実際に話し、自分にマッチすることを確認するのが大切だと思います。

後輩へのメッセージ

就職活動には正解がありません。だからこそ、迷ったらやってみることが大事だと思います。大学生活のなかで、今しかできないことを探してみましょう。たくさん遊んで、たくさん友だちをつくってください。様々な経験をしておけば、面接で目一杯「語る」ことができますよ!

ワンポイントアドバイス~怖い面接官対策~

面接官には、とても怖そうな人もいます。そんな怖そうな面接官が相手のときは、その人が笑った顔を想像してみましょう!
今は面接だから怖い顔をしているけれど、本当は優しい人なんだ!と思えてきて、緊張も和らぎますよ!