ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年10月10日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

N.Tさん / 鉄道業界


N.Tさん 


理学部物理学科
2013年3月卒業

鉄道業界(技術職)

東海旅客鉄道株式会社(プロフェッショナル職) 内定
 
就職活動をはじめた時期 3年生の10月下旬
エントリーした会社の数 100社
説明会に参加した数 35~40社
選考に進んだ会社の数 26社
OB・OG訪問の有無 有り
インターンシップ参加の有無 有り
内々定時期 4年生の4月上旬
情報収集の方法 リクナビ、マイナビ、日経ナビ

本人曰く「飽きっぽいから」?どんなことでも挑戦してみた大学生活

大学生活では、とにかく色々なことに挑戦しました。
高校生のときから続けている陸上部では、東京マラソンに参加しました。
アルバイトでは塾講師をしました。2年生の春休みまで、教師になりたいと考えていたからです。またステーキ屋のアルバイトもしました。これは正直に言うと、お肉が食べたかったからです!
そのほかボランティアで千葉県浦安市の震災復興に参加したこともあります。千葉県の情報誌でボランティア情報を調べて、自分にもできることをしよう、と現地に向かいました。
キャリアセンターで紹介していただいたインターンシップにも参加しました。営業職を経験し、周囲の文系の学生から普段とは違う刺激を受けました。

就活開始~まずは世の中の会社を知ることから~

私の就職活動は企業研究からはじまりました。
世の中には、自分の知らない会社が無数にあります。そこで、就職サイトやキャリアセンターの求人を片っ端から読み漁りました。業界を絞らず、何百社という企業に目を通しながら、自分の中で興味の湧いた会社とそうでない会社を分類しました。すると、段々と自分のやりたい仕事、すなわち自分の軸が見えてくるのです。
振り返ってみると、企業研究と自己分析を同時にこなしたようなものかもしれません。

自分の得手不得手を把握し、効率的に対策を!

私は昔から頭の中の考えを文章に落とすのが苦手でしたが、面接で自分の意見を話したり、グループディスカッションでメンバーをまとめることには自信がありました。
そこで、就活時にはエントリーシートと筆記試験の対策に重点を置きました。
エントリーシートの添削にはキャリアセンターを活用したほか、自分で見直すときは少し時間をおいて、自分の文章を客観的に見ることを心がけました。
筆記試験は、キャリアセンターで貸し出している問題集を片っ端から解いて対策しました。

それでもエントリーシートには悩まされたのですが、私は料理で気分転換していました。自分で食べたいものを、自分でつくって食べるのです。美味しい!と自画自賛しながらリフレッシュできるので非常におすすめです!
 

後輩へのメッセージ~余裕をもって、ビシっと決めろ~

大学時代は、気になったらことは何でもやってみるのが良いとおもいます。ただし、どれも全力でやってみることです。全力で取り組んだ上で、自分に「合う」「合わない」を見極めていきましょう。
それから、就活が本格化する3年生の後期より前に、しっかり授業の単位を取っておくことを勧めます。就活が始まると忙しくなりますから、余裕をもってスケジュールを立てるようにしましょう。
それから、スーツをかっこ良く着こなすのも大切だと思います。ビシっと決めて胸を張り、仕事ができそうなオーラを醸し出してください!
あとは「自分を採用しないと勿体無いよ!」というくらいの自信と、同時に謙虚さを忘れずに挑戦するのみです!

ワンポイントアドバイス~私的緊張克服法~

緊張すると、身体に力が入りすぎてしまいます。そこで、敢えて自分から全身に思いっきり力を入れて、すっと抜いてみましょう。あっという間にリラックスできますよ!