ホーム > 就職活動体験記 > 就職活動体験記

スタッフブログ

2017年07月04日 更新

お問い合わせ先

東邦大学
習志野学事部キャリアセンター
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL :
(理学部担当)047-472-1823
(薬学部担当)047-472-1226

就職活動体験記

R.Kさん / 半導体・FPD業界


R.Kさん 


理学研究科物理学専攻
2013年3月卒業

半導体およびFPD業界 (開発部門)

株式会社日本マイクロニクス 内定
 
就職活動をはじめた時期 修士1年生の6月
エントリーした会社の数 80社
説明会に参加した数 30~40社
選考に進んだ会社の数 30~40社
OB・OG訪問の有無 無し
インターンシップ参加の有無 無し
内々定時期 修士2年生の5月中旬
情報収集の方法 リクナビ、マイナビ、日経ナビ

学業に力を入れた大学生活

私は入学時当初から大学院に進学するつもりでした。そのため、低学年のときは就職についてさほど意識していませんでしたが、その分、学業に力を入れていました。
朝8時に学校に来て、授業の前にラウンジで勉強し、夜は9時頃まで残ることもありました。ただし、勉強は大学にいるときだけ行うと決めて、レポート等も全て学内でこなし、メリハリのある生活を心がけていました。その甲斐もあり、成績優秀者に与えられる鶴風会賞を受賞することができました。また、学業のほかには飲食店のアルバイトも行なっていました。高校1年生のときから続けており、接客を通して対人関係能力が身についたと感じています。

就職活動、活用できるものはフル活用!

学部時代に周囲の人たちが就活に苦戦しているのを見ていたので、自分の就活のときは早めに動こうと考えていました。そこで、修士1年生の6月頃からキャリア相談に入り、自己分析を進めていきました。これは周囲と比べてもかなり早めのスタートだったと思います。
また、面接対策やグループディスカッションの対策として、ハローワークやジョブカフェちばが主催する講座にも参加したこともためになったと感じています。
学内の講座と違い、文系も含めた他大学の学生や、転職活動中の社会人の方ともふれあう機会になり、普段とは違う刺激を受けることができました。
キャリアセンター然り、ハローワークやジョブカフェ然り、活用できるものはどんどん活用していったほうが良いと思います。

面接への一番の備えは自信。早めの内定で自信をつける!

就職活動の面接では、自分に自信をもつことが一番大切です。そこで、大手企業だけでなく、中小企業にも目を向けることをおすすめします。まずは中小企業で内定を獲得しておき、そのうえで大手企業を受けましょう。ひとつ内定をもっているだけで、自分に確固たる自信をもつことができるからです。
そのためにも、早めの内定を目指して、早めに行動を開始することが必要だと思います。

 

後輩へのメッセージ。目標となる人を見つけよう。

勉強はもちろん大切ですが、人とふれ合うことも大事にしてほしいと思います。
コミュニケーション能力は、どんな仕事でも必要になってくるでしょうから、色々なところへ出かけたり、色々な人と話したりしておきましょう。それが面接で自分を表現する力になると思います。
また、学生時代のうちに自分の目標となる人物を見つけておくことも大切だと思います。私の場合は、研究室の先生が目標でした。先生は、私が質問したことに対して、膨大な知識をもって適切に返答してくれます。自分も先生のようになるため、努力を続けたいと思います。
後輩の皆さんにも、目標をもって努力を続け、納得のいく就職活動をしてください。